IIJmio

IIJmioの4つのデメリットを実際に使用している経験からあげる

ぼくの超愛用している格安SIMのIIJmio

 

今回はそのデメリットについて、実際に使っている経験から解説してみたいと思います。

結果としては、ぼくは大満足なのですが、安さと引き換えのデメリットがどんなものか見てみてください。

まずIIJmioの良い点

IIJmio

IIJmioの素晴らしいところとしては、

  • 月額1000円!(キャンペーン中)
  • docomo、auの回線を使っているから通信は安定している
  • インターネット業界では超大手の安心の会社

と、何も落ち度がなさそうな感じですが、実は数点気をつけないといけないことがあります。

 

その前に、IIJmioの良い点を確認したい方はこちらの記事を確認してください。

>>【IIJmio】惰性で続けてる?格安SIMで月額1000円に!

 

IIJmioのデメリットは??

IIJmioデメリット

さぁ、デメリットです!

 

僕の経験から思いつくだけデメリットをあげるとこのようになります。

  • メールアドレスをもらえない
  • 電話代に気をつけなければいけない
  • 昼間に通信速度が少し遅くなる
  • ショップがないので、相談する相手に困る

ざっとこんな感じですかね。

これって、結構どの格安SIMに変える時にも一番気になるところだと思います。

そのひとつひとつを解説していきます。

 

IIJmioデメリット①:メールアドレスをもらえない

メール

docomoやau、ソフトバンクの場合、○△□@docomo.co.jpみたいなメールアドレスをもらえますが、格安SIMにするとそういったメールアドレスはもらえません。

 

ではどうすればいい?

 

というと、自分でメールアドレスを用意する必要があります。

例えばこんなメールアドレスを用意します。

  • Gmail(googleからもらえる無料のメールアドレス)
  • Yahooメール(Yahooからもらえる無料のメールアドレス)
  • iCloudメール(iPhoneユーザーならAppleから無料でもらえるメールアドレス)
  • 家のインターネット回線の契約プロバイダからもらえるメールアドレス

など・・。

簡単に手に入るメールアドレスはたくさんあります。

格安SIMの場合、それらを使う必要があります。

 

ですので、docomoやau、ソフトバンクに変えた時は、メールアドレスを変えたことを友人知人、家族などに伝えなければなりません。

ちょっと手間ではありますが、その手間を惜しんでいるだけで、月々5000円も6000円も無駄に多く携帯代を払うというのもアホらしいと言えばアホらしいです。

 

ここはサクッと新しいメールアドレスにしちゃいましょう。

しかも最近ですと、LINEやSNS、iPhoneならMessageもありますので、メールアドレスが変わっても結構困らなかったりします。

 

あ、もちろんIIJmioにしてもLINEは使えますよ!

 

IIJmioデメリット②:電話代に気をつけなければならない

これもIIJmioに限らず、どの格安SIMでも共通するデメリットです。

 

電話代が大手3キャリア(docomo、au、ソフトバンク)より高いので、通話に関して色々と対策しないといけません。

 

さらに最近の大手3キャリアの一般的なプランですと、通話し放題が多いですよね。

これは実はトラップでして、通話し放題でお得感を出しているのですが、実際はそれ以上に携帯代を徴収しているのです。

 

大手3キャリアの携帯代が高い理由の1つでもあります。

 

通話を、使った分だけ払う従量制にするだけで、格安SIMの基本使用料は格段に安くなるのです。

 

IIJmioプラン

 

このIIJmioの料金表の四角で囲ったところを見てください!

一般的に利用されるプランの月額利用料です。

 

1000円です!

 

全て込み込みで1000円ですよ!

これが格安SIMの威力、IIJmioの威力です!

 

これだけ、基本使用料が下がるので、通話代は、話した分だけ払っても、全然大手3キャリアの時よりは安くなるでしょう。

本当によく電話する方でしたら、IIJmioのオプションで通話定額オプションもあります。

通話定額オプションにさえ入ってしまえばもう安心です。

値段も安く設定されています。

 

IIJmio通話定額オプション

 

ぼくはそんなには電話をしないので通話定額オプションには入っていません。

ですので、普段は以下の3つの方法で電話をしています。

 

  • iPhoneを使っている知人、家族とはFaceTimeで無料通話
  • お店や会社などに電話する時はLINE電話で無料通話
  • 非iPhoneの知人、家族に電話する時はIIJmioの提供するアプリ「みおふぉんダイヤル」で

ということで、月々電話代は100円とか200円で済んでいます。

色々と工夫することで、電話代は削減することができます。

 

この電話代のデメリットについての解決策は、

 

いったん普段どおりの生活をしてみて、月々の電話代が高くなったら通話定額オプションを申し込んでみる。

 

というのが簡単でわかりやすい方法だと思います。

 

IIJmioデメリット③:昼間に通信速度が少し遅くなる

各格安SIM会社は、docomoやau、ソフトバンクから回線を借りて客に提供しているため、大勢の人が一気にアクセスすると、通信が遅くなるというデメリットがあります。

 

ですので、一斉にユーザーがアクセスする平日昼間12時頃に通信速度が遅くなります

これって昼休みの時間にみんなスマホをいじるので、それで遅くなっているのです。

 

それで、ぼくは前にOCNモバイルONEを使っていたことがあるのですが、昼間の通信速度の遅くなり方が半端じゃなくて、何かしようと思ってもまともに動きませんでした。

 

OCNモバイルONEからIIJmioに乗り換えた記事についてはこちら

>>【格安SIM】なぜOCNからIIJmioへ乗り換えたか【遅い?】

 

ですが、IIJmioはさすが!

結構頑張っています。

 

平日昼間12時頃でも、少し遅くなっているなぁとは思うのですが、何もできなくなるなんてことはありません。

さすがに平日昼間12時頃に動画を観ようと思うと最初のロードに時間はかかりますが、観られないという程ではないです。

でも、少しストレスにはなりますが、これも価格の安さのためと思えば我慢できます。

 

この平日昼間12時頃という一瞬の使い勝手のために月々5000円、6000円も多く払うのはどうでしょうか。

 

IIJmioデメリット④:ショップがないので相談する相手に困る

これもIIJmioに限った話ではありません。

格安SIM全体のデメリットとなりますが、格安SIM会社にはショップがないのです。

 

大手3キャリアは、ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップなどの店舗がいたるところにあります。

ですので、何か困ったりしたらショップに行けば解決したりします。

 

格安SIM会社はそういったショップを展開しない代わりに、値段を大幅に下げています。

ですので、このショップがないというデメリットは、その値段の安さとの引き換えとなっています。

 

ただ、全く方法がないわけではないです。

対面での相談ができないというだけで、メール、電話、Twitterなどで質問することはできます。

ですので、対面にさえこだわらなければ大抵の問題は解決してしまいます。

 

IIJmioのデメリットは以上です

さて、いかがだったでしょうか。

 

今あげたデメリットは割とグサッとくるデメリットだったと思います。

手間がかかったり、ストレスがかかったり・・。

 

でも、そういった手間やストレスは、格安SIMを使い始めた最初だけ気になりますが、すぐに慣れてしまいます。

慣れるまでは、月々の支払いが安くなったから・・と自分を納得させれば乗り越えられます。

そして、慣れた後は、格安SIMの安さを心から満喫することができます。

 

ぼくも最初はこの4つのデメリットは気になりましたが、今となっては全然問題になりません。

大手3キャリアを利用していた頃と今とでは、その違いが全くわからなくなります。

人間の慣れなんてそんなものですよね。

 

ですので、このデメリットを乗り越えて、格安SIMにしちゃいましょう!

それだけで、月々の支払いが5000円から6000円、もしかしたら7000円も安くなるかもしれません!

 

そしてIIJmioでは、今とてもお得なキャンペーンをやっています。

 

キャンペーンについては以下の記事にまとめています。

>>IIJmio夏のキャンペーンがすごい!安い!お得!【格安SIM】

 

下記公式サイトからのみのお得なキャンペーンですので、今が一番の変え時です!

>>IIJmio公式サイト

 

 

IIJmioの申し込み方法をまとめている記事もありますので、もし申し込む時は一緒に見てみるとわかりやすいと思います。

>>【格安SIM】IIJmioの申込み方法がわかる!【完全解説】

 

 

ぼくの超お気に入りのIIJmioです。

もし、今大手3キャリアで無駄に高額の携帯代を払っている場合はIIJmioにしてみるのも選択肢の1つにしてみてください。

 

 

 

縛りなしWiFi
こちらの記事もおすすめ!