KYASH

KYASHのキャッシュバックの条件【まとめ】

2%還元2%キャッシュバックという素晴らしいサービスのKYASH(キャッシュ)ですが、キャッシュバックに関しては色々と条件があります。

ちょっとわかりにくかったりするので、ここでまとめてみます。

KYASHのキャッシュバック対象になるもの

  • KYASHバーチャルカードを使った時
  • KYASHリアルカードを使った時

基本的にはKYASHの支払い方法は、バーチャルカードリアルカードしかありません。

バーチャルカードとは

KYASHアプリで番号が発行される、アプリ内のVISAのプリペイドカードです。

番号のみ発行されるので、インターネットショッピングなどに利用できます。実店舗では使えません

リアルカードとの併用はできませんので、リアルカードを発行しない場合はバーチャルカードのみの利用となります。

リアルカードとは

リアルカードとは、申し込むことで郵送で送られてくる、本物のプリペイドカードになります。

このリアルカードはKYASHアプリと結びついていて、実店舗で利用すると、リアルタイムにアプリと連動します。

リアルカードを登録すると、今までのバーチャルカードは使えなくなります。どちらかなのです。

↓こちらの記事でもリアルカードについて記載しています。

2%還元のお得な支払いサービス「KYASH(キャッシュ)」最近買い物をする時は還元率がお得なサービスを使うことが自分の中でブームです。 ...

KYASHのキャッシュバック対象にならないもの

キャッシュバック対象外となるものは、公式サイトには以下のように記載されています。

  • モバイルSuicaアプリ(1回につき6000円未満のチャージ)
  • プリペイド型電子マネー(WAON/nanaco/楽天Edyなど)のチャージ
  • PayPalによる決済
  • ポストペイ型電子マネー
  • 商品券購入
  • 寄付、税金、ふるさと納税のお支払い等

ここで注意しなければならないのは、モバイルSuicaのチャージでしょう。

1回のチャージで6000円以上チャージすれば、ちゃんと2%キャッシュバックの対象になります。ですので、ちょこちょこチャージではなく、ドカッとチャージしましょう。

でも、その代わり、6000円以上チャージさえすれば、便利なiPhoneのApple PayのSuicaでも2%キャッシュバックを利用できるのです。僕はこれがとても気に入ってますね。

もちろん送金はキャッシュバック対象じゃないですよ

これは考えてみれば当然ですね・・。

誰かに送金するのはキャッシュバック対象ではありません

だって、送金がキャッシュバック対象になったら、送金してー送金しかえしてもらってーと送り合うだけで無限増殖しちゃいますもんね。

KYASHはいつキャッシュバックされるの?

では、KYASHのキャッシュバックタイミングですが、公式サイトには以下のように記載されています。

当月分の支払い金額に対して2%を翌月末までにKyash残高にキャッシュバックします

例えば6月に10万円お店でKYASHを使ったら、7月末までに10万円の2%の2千円がKYASH残高としてキャッシュバックされるということです。

 

まだ、KYASHの2%還元のキャンペーンは始まったばっかりですので(2018年7月2日現在)、僕はまだキャッシュバックされていません。キャッシュバックされるのが楽しみですね。

 

->次はこちらの記事「KyashでAmazon利用時にオトクな買い物をする方法」

KyashとAmazonギフト券の超お得な合わせ技
【知らないと損!】KyashとAmazonギフト券の合わせ技が超お得!Kyash(キャッシュ)でAmazonギフト券を経由してAmazonで買い物をするととてもお得なんです!裏技のような方法を紹介します。...
縛りなしWiFi
こちらの記事もおすすめ!