KYASH

個人間送金アプリ「KYASH」の限度額を越えると決済できない

今乗りに乗っている個人間送金アプリ「KYASH(キャッシュ)」ですが、僕もとっても愛用しています。

ある時、KYASHをお店で使おうとしたら、なぜだか使えなかったことがありました。そのことについて記載したいと思います。

KYASHとは?

個人間送金アプリというものなのですが、スマホ内にお金を入れて、それを買い物に使ったり、気軽に他の人に送金したりできるサービスです。

アプリ内にバーチャルカードというクレジットカードの番号のようなものを発行して、その番号をクレジットカードのように利用することで、インターネット上で買い物ができたりもします。

そして、2018年6月からリアルカードと言って、本当にクレジットカードのようなプリペイドカードのようなものを発行するサービスを開始しました。このリアルカードがあれば、実店舗でもKYASHを使うことができるのです。

そして、KYASHを使うことの大きな利点として、使った額の2%も還元されるのです。

さらに、KYASHに自分の持っているクレジットカードをチャージ元として登録しておくと、KYASHを使う度に、その額分だけ自動的にクレジットカードからチャージされるので、KYASHを使った時の2%にプラスして、クレジットカードにもポイントが付きます

もうとんでもないバーゲンセールですね。

KYASHには限度額がある

そんなお得なKYASHですが、無尽蔵に利用できたらキャッシュバックしまくりですよね。

でもさすがにそんなには利用することができません。

  • 1日 3万円
  • 1ヶ月 12万円
  • カード期限内 100万円

の限度額が設定されています。

では、その限度額を越えたらどうなるのでしょう?

実は、僕は1日3万円は覚えていたのですが、1ヶ月12万円を忘れていました。KYASHを使うようになってからなるべくKYASHを使おうと思っていたので、10万円近くKYASHをすでに使っていました。

そして、その上で29800円の支払いをKYASHでしようとしたら、店員から利用できないみたいですと返されてしまいました

本当に使えなくなるものなのですね。支払い自体ができなくなるみたいです。

限度額はリセットできる

リアルカードの有効期限内100万円という限度額ですが、有効期限は5年もあるので、100万円は割と到達してしまうと思います。

ですが、そんな時はリアルカード自体を入れ替えればいいみたいです。新たにリアルカードを請求して、新しいのをもらえば、また0からのスタートになるみたいです。

落とした時、番号が流出した時の安全を考えても、限度額がしっかりとあった方が安心ですもんね。

最後に

KYASHはとっても便利でお得なサービスです。

今では、iPhone内のSuicaはKYASHでチャージして、Suicaを使えるところではSuicaSuicaを使えないとこではKYASHのリアルカードと、どちらもKYASHサービスを利用しています。

すると、iPhoneと、iPhoneケース内のKYASHリアルカードのみだけで買い物が完結するので、財布をわざわざ出すこともなくなり、とってもスマートです。

キャッシュレス化はどんどん進みそうですね。

 

↓もっとKyashについて知りたければこちら

【まとめ】話題の「Kyash(キャッシュ)」とは何か解説するよ!こんにちは、しゅーかん(@schx)です。 ここ最近キャッシュレスな生活が大好きで、KyashとiPhoneのモバイルSu...
縛りなしWiFi
こちらの記事もおすすめ!