キャッシュレス

KYASHとLINEペイの現金チャージ方法の比較

個人間の送金も簡単、クレジットカードのように使える便利なカードが発行される、そして2%もの高額な還元率と何かとお得な「KYASH(キャッシュ)」と「LINEペイ」。

僕が色々と使ってみて思ったことをまとめていきたいと思います。

KYASHLINEペイには様々なチャージ方法がありますが、今回はコンビニでの現金チャージ方法を比較していきたいと思います。

KYASHのコンビニでの現金チャージは不便

KYASHについて

2018年6月現在、全ての買い物が2%還元されるというとってもお得なKYASHですが、リアルカードと呼ばれるクレジットカードのようなカードを発行することができます。

↓こちらの記事で少しまとめてます。

2%還元のお得な支払いサービス「KYASH(キャッシュ)」最近買い物をする時は還元率がお得なサービスを使うことが自分の中でブームです。 ...

そのリアルカードに現金をチャージすることで、KYASHにお金を入れることができます。

KYASHのコンビニでのチャージ方法

アプリでの操作

まずKYASHアプリからコンビニチャージの申請を行います。

KYASHアプリのウォレットの画面から「チャージする」「コンビニ」を選びます。

その後に出てくる画面から「チャージ金額」「名前」を入力して「チャージ申請」を押します。

すると、「受付番号」と「お客様番号」が発行されますので、やっとこさコンビニチャージの準備ができた感じです。

コンビニでの操作

受付番号」と「お客様番号」を用意できたら、コンビニに行きます。

KYASHのチャージができるコンビニは以下の通りです。

ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルK、サンクス、セイコーマート

各コンビニでの詳しい操作方法はさっきの申請完了の画面で、「チャージ方法確認」ボタンを押すことで表示されます。

ですが、基本的には、コンビニ内にあるコンビニ独自の端末で、「受付番号」と「お客様番号」を入力して、チャージ用の用紙を印刷して、レジに持っていって支払いをします。

KYASHはコンビニチャージ手順が面倒

 

  1. アプリでチャージ金額を入力して、番号を発行
  2. その番号をコンビニの専用端末に入力して、用紙を印刷
  3. レジに持っていって現金で支払い

 

という3段階の手間が本当に不便です。LINEペイと比べると雲泥の差です。

KYASHはコンビニチャージで利用するようなものではないと思います。

KYASHのコンビニチャージは1日5万円が限度

KYASHの限度額については以下の記事でまとめています。

個人間送金アプリ「KYASH」の限度額を越えると決済できない今乗りに乗っている個人間送金アプリ「KYASH(キャッシュ)」ですが、僕もとっても愛用しています。 ある時、KYASHをお店で使お...

1日5万円という限度額設定があるので、コンビニでチャージできる金額も5万円以下しかできません。

コンビニチャージの手間が面倒なので、一気に一月分チャージしたくても1日5万円ずつしかチャージできなくてちょっと不便です。

 

 

LINEペイのコンビニでの現金チャージは楽チン

KYASHに対して、LINEペイのコンビニでのチャージ方法は簡単です。特にセブンイレブンローソンではとっても簡単です。

セブンイレブンでのLINEペイ、現金チャージ方法

セブンイレブンにはセブン銀行のATMがあります。

セブン銀行のATMでLINEペイのチャージを行うには以下のような手順になります。

 

  1. セブン銀行ATMにLINEペイカードを入れます
  2. チャージ額を入金したら完了

 

たったこれだけです!本当に楽チンなのです。

ローソンでのLINEペイ、現金チャージ方法

ローソンの場合、レジでチャージをします。

 

  • レジで「LINEペイのチャージをしたい」と言います。
  • チャージする金額を支払って終了

 

これも簡単!一瞬!

LINEペイはコンビニチャージが本当に楽

セブンイレブンローソンでのチャージ方法を書きましたが、チャージがすぐ終わるんですよ。一瞬です。

これなら、ちょこっとコンビニ寄って、さくっとチャージを終わらせられます。便利です。

 

 

KYASHとLINEペイのコンビニチャージを比べて

KYASHの、アプリで番号発行コンビニの端末で用紙印刷レジに持っていって支払いと、とっても不便なコンビニチャージ方法は、一度やるとウンザリしてしまいます。

それに対してLINEペイのコンビニチャージ方法はサクッと終わるので、何度でもやってもいいと思います。

この違いは大きいですよね。

KYASHでもLINEペイでも、現金ベースに利用したいと思うと、このチャージ方法の手間が命取りですよね。まぁLINEペイは現金ベースの利用しかできませんが。

ですので、KYASHの場合はクレジットカードを紐付けて、自動チャージというやり方が超絶便利なので、それ一択かと思います。

↓この記事でKYASHのクレジットカードでの利用と、その落とし穴について記載しています。

KYASH(キャッシュ)にクレジットカードでチャージできるのは10万円まで??今月は個人間送金アプリの「KYASH」をたくさん使っています。 ...

 

最後に

いかがでしたか。

KYASHLINEペイのコンビニでのチャージ方法を比較しました。

それぞれの良さがありますので、一概に手間だけでどちらが良いか決められませんが、同じようなサービスでもこんなにも違うものなのですね。

ではでは。

縛りなしWiFi
こちらの記事もおすすめ!