キャッシュレス

【Kyash】楽天銀行からPay-easy(ペイジー)できない!

買い物をすると2%もキャッシュバックされるというKyash

Kyashはコンビニや銀行でチャージしたり、クレジットカードを登録して自動チャージにしたりして使います。

 

今回は楽天銀行で銀行チャージを試したのですが、失敗した実例を紹介したいと思います。

 

※2018年12月25日更新

Kyashがアップデートされてデビットカード経由での銀行チャージができるようになりました。

楽天銀行でもVISAのデビットカードを持っていればチャージできるはずです!

>>Kyashにデビットカードを登録!銀行から現金でチャージできる!

 

Kyashにデビットカードを登録!銀行から現金でチャージできる!すごい! 「Kyash」がさりげなく大きく改善されました! 2018年12月25日にKyashがアップデートされまし...

 

 

Kyashへのチャージ方法は?

kyash

まず、Kyashにはどのようにチャージするのでしょう?

Kyashへのチャージ方法については以下の記事でまとめています。

 

Kyashへのコンビニでの現金チャージはこちら。

>>KYASHとLINEペイの現金チャージ方法の比較

 

Kyashへの銀行でのチャージ方法はこちら。

>>KYASHの銀行チャージはペイジー(Pay-easy)を使う

 

Kyashへの銀行チャージの設定方法

 

まずはアプリのトップ画面、もしくは「ウォレット」タブから上記の画面を確認します。

そして、「ペイジー(銀行)」をタップします。

 

kyashチャージ申請

 

すると、金額入力画面になりますのでチャージしたい金額を入力、もしくは選択します。

「チャージ申請」をタップしたら準備完了です。

 

楽天銀行でKyashにペイジーでチャージしてみた

※本記事では楽天銀行でのペイジー操作方法を解説していますが、結果としてはKyashへのチャージは失敗しています!

 

次に楽天銀行のアプリに移ります。

楽天銀行はアプリの作りがキレイで操作しやすくて良いです。

 

楽天銀行メニュー

 

画面下のタブから「メニュー」を選びます。

 

楽天銀行ペイジー

 

次に、右上の「サービス一覧」のタブをタップして、下にスクロールして、「Pay-easy(ペイジー)」をタップします。

 

楽天銀行収納機関番号

 

すると「収納機関番号」を入力する画面が出ますので、Kyashアプリからコピーペーストします。

Kyashアプリは番号をタップすれば自動的にコピーされます。便利!

 

楽天銀行お客様番号

 

次に、「お客様番号」と「確認番号」をKyashアプリからコピーペーストします。

その後「払込対象の選択へ進む」をタップします。

 

すると、このようなエラー画面が出てきます!

 

楽天銀行エラー画面

 

楽天銀行からKyashへはペイジーが対応していないみたいです。

残念・・。

 

楽天銀行のPay-easy(ペイジー)に対応している収納機関

楽天銀行が対応している収納機関について調べてみたのですが、以下の公式サイトにもKyashのペイジーに利用する「SBIベリトランス」は掲載されていませんでした。

 

>>楽天銀行公式サイト

 

いつか対応すれば便利なのですがねー。

 

今回はそんな、楽天銀行ではKyashに銀行チャージはできませんでした・・という話でした!

LINEペイは楽天銀行との相性抜群なので、比較対象としても残念です・・。

 

Kyash頑張ってください!!

 

 

縛りなしWiFi
こちらの記事もおすすめ!