KYASH

KYASHの銀行チャージはペイジー(Pay-easy)を使う

使用者全員が2%還元されるというサービスを行っているKYASHですが、銀行からのチャージが結構複雑なのです。

今回はその銀行からのチャージについて体験してみたので、軽くまとめてみたいと思います。

 

KYASHとは

個人間送金アプリ「KYASH(キャッシュ)」とは、iPhoneなどのアプリ内にお金をチャージして、それを使ってお買い物をしたり、誰かに送金したりできるサービスです。

今話題のキャッシュレスな社会を実現することのできるサービスとなっています。

 

↓詳しくはこちらの記事で少しまとめています。

【まとめ】話題の「Kyash(キャッシュ)」とは何か解説するよ!こんにちは、しゅーかん(@schx)です。 ここ最近キャッシュレスな生活が大好きで、KyashとiPhoneのモバイルSu...

 

KYASHの現金でのチャージはコンビニからか銀行からか

KYASHのアプリ内にお金を入れる手段としては、

  • コンビニからチャージする
  • 銀行からチャージする
  • 誰かから送金してもらう

この3パターンしかありません。

自発的にチャージする方法としては、コンビニからか銀行からかしかありません。

 

↓コンビニからのチャージについては以下の記事でまとめています。

KYASHとLINEペイの現金チャージ方法の比較個人間の送金も簡単、クレジットカードのように使える便利なカードが発行される、そして2%もの高額な還元率と何かとお得な「KYASH(キャッ...

 

KYASHの銀行からのチャージはペイジー(Pay-easy)を利用する

KYASHでは、銀行からのチャージにペイジー(Pay-easy)を利用します。

方法は、以下の通りです。

  1. KYASHアプリでペイジーで使う番号を発行
  2. 銀行のネットバンキングなどで番号を入力
  3. KYASHアプリに現金がチャージされる

流れとしてはサクッとしているようですが、いざやってみると割と面倒です。

 

 

KYASHアプリで銀行チャージを指定する

 

KYASHアプリのウォレット画面から「ペイジー(銀行)」を指定します。

その後に、「金額」「名前」を入力する欄があるのでサクッと入力します。

 

すると以下のように、「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」が発行されます。

 

 

この3つの番号を使って、銀行のATMやネットバンキングでペイジーの手続きを行います。

 

ですが、ここで問題なのが、この画面から番号をコピペしたいのにできないのです。

現段階では、こんな長い数字の羅列を目で見て写さなければならないのです。これはすぐにでもKYASHには改良してもらいたいポイントですね。

 

※2018年8月20日更新

なんとKyashアプリが改良されて発行された番号類を簡単にコピペできるようになりました!

これは本当に便利で、ペイジーが一気にやりやすくなりました!

 

各銀行でペイジーの手続きを行う

お使いの銀行のサイトに行ったり、コンビニのATMに行ったりしてペイジーの手続きを行います。

ネットバンキングでしたら、ログイン後すぐにペイジーの手続きを行うページに飛ぶボタンがあると思いますので、そちらに行き、先程の「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」を入力すれば完了です。

入力完了からKYASHアプリに入金されるまでの時間は一瞬です。

この面倒な手続きさえ乗り切れば、サクッと入金はできます。

 

LINEペイの銀行チャージは超絶簡単

さて、KYASHのライバルであるLINEペイでの銀行チャージについてですが、これがとっても楽チンなのです。

最初に自分の銀行を登録する作業がありますが、登録さえ行えば、LINEアプリ内で銀行を指定してチャージ額さえ入力すればすぐにチャージされます。

KYASHではKYASHアプリで銀行チャージ申請→銀行のサイトに移動してペイジー手続きを行うという二度手間があります。

この点でもLINEペイの方が抜きん出ています。

ただし、LINEペイではクレジットカードからのチャージができませんので、KYASHの素晴らしい点としてはクレジットカードからのチャージができることです。

 

KYASHのクレジットカードからのチャージについては以下の記事でまとめています。

KYASH(キャッシュ)にクレジットカードでチャージできるのは10万円まで??今月は個人間送金アプリの「KYASH」をたくさん使っています。 ...

 

 

 

KYASHの銀行チャージについて、まとめ

いかがでしたか。

KYASHでの銀行チャージはペイジーを利用するので、少し操作が煩雑です。

ですが、ある意味、自分の銀行を登録したりしなくていいので、KYASH側に情報を教えたりすることがないので、セキュアと言えばセキュアですね。

ただし、課題もあり、私の環境では、みずほ銀行ではペイジーで銀行チャージできましたが、楽天銀行ではできませんでした。

 

楽天銀行でKyashにペイジーできなかった時の記事はこちら

>>【Kyash】楽天銀行からPay-easy(ペイジー)できない!

 

これは今後サービスのアップデートで改良してもらえると嬉しいですね。

 

ただ使うだけで2%還元されるKYASHですが、ぜひぜひ機能をどんどんアップデートしていって欲しいですね。

 

 

縛りなしWiFi
こちらの記事もおすすめ!