ミニカー

子供の頃大好きだったオモチャが見つかった

子供の頃遊んだオモチャって面白いですよね。
すっごく好きでずっと遊んでいたものでも、大人になると全く覚えてなかったりしますよね。

ですが、全く記憶から消え去っていたのに、ふつ見つけた瞬間、子供の頃を一気に思い出すというような体験をしたりもします。

今回、昔大好きだったオモチャを見つけて、そんなフラッシュバックを起こしました。

ガソリンを入れる機械のオモチャ

見つけたオモチャというのはこれです。
ガソリンスタンドなどにある、ガソリンを給油する機械です。

これがすごーーく好きだったんですよね、子供の頃。
何歳位だったんですかねぇ、3歳位ですか?

当時はミニカーが大好きで大好きで、そのミニカーにこの給油機で給油していました。

給油した後、この給油機の横についているボタンを押すと、バネで弾かれて車が走っていくのです。
さらに、ゼンマイが付いていて、給油機のメーターが回るというギミックもありましたが、それは残念ながら壊れていました。

親子2世代で遊ぶ

そして、このオモチャも、僕と同じくミニカー大好きな息子が目の色変えて遊んでいました。
やっぱり、同じ血をひいているのか、好きになる対象が似ている気がします。

息子もまだ2歳なので、このオモチャで遊んだ記憶はすぐになくなってしまうことでしょう。
ですが、大人になった時にこのオモチャを見つけたら、同じく、記憶がフラッシュバックするものなのですかね?

オモチャって面白いですね。

 

記憶って面白い

この給油機を見つけた時の記憶が蘇ってくる過程がとても面白い体験でした。
最初は、「こんなオモチャあったようななかったような」みたいな気分でしたが、ボーッと眺めている内に、子供の頃の自分の視点が頭の中に浮かんできたのです。

自分の体験の記憶なので、写真のように外から自分を俯瞰するような情景ではなく、自分の目から見る景色が浮かんできました。
脳の中のどこかにこの記憶がしまってあったのでしょうね。

脳って面白いです。
脳の中にはまだまだ色々な記憶が眠っているのですね。

縛りなしWiFi