ライフハック

探し物をしないための唯一の方法【見つからないを無くす!】

毎日、何かを探していませんか?

あれ?携帯どこいったっけ?

家の鍵はどこ?

コースターどこにしまったっけ?

 

ぼくは探し物が比較的少ない方だと思っています。

その理由としては「定位置制」を貫いているからです。

日本人が一生に探し物に使う時間は52日

オイルライターで有名なZippo社が2014年に行った調査によると、日本人が一生に探し物に使う時間は平均52日間だそうです。

分に直すと平均75,322分間だそうです!

 

とんでもない時間ですね。その時間、失くした物を探しているだけですよ!

何も生産的ではありません。

 

この調査は10カ国と地域(日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、インド、中国、香港、韓国)で行われたようです。

日本では1002人(男性473人、女性529人)が対象となってようです。

 

他の国に比較すると日本人は探し物は少ないのですが、

それでも1か月あたり平均76分探し物をしているようです。

だいたい、1日に2分半探しているようです。

 

1日に2分半・・。

なんだかわかる気がしませんか?

 

探し物はストレスしか生み出さない

ものを探すことが好きな人っていませんよね。

できることなら何も失くしたくないはずです。

探すことなんて、しなくていいなら、したくないですよね。

 

探すことで何か脳に刺激がもしかしたらあるかもしれませんが、

そんなことよりも、探し物をする時間他のことをしていた方がよっぽど効率的だと思います。

 

探し物をしないために色々試してみた

家で家族が鍵とか携帯をよく探しているので、試しにキーファインダーを買ってみました。

 

キーファインダーとは、リモコンとタグにわかれていて、リモコンのボタンを押すとタグから音が鳴るものです。

ですので、タグを携帯とか鍵に付けておけば、失くした時にリモコンを押すと音が鳴って、どこにあるかがわかるのです。

 

 

結構これが役に立ち、ソファーのクッションの下に隠れていた携帯が見つかったり、棚にパッと置いた鍵が見つかったりと、音が鳴るとその辺りを探せばいいので、すぐに見つかります。

 

なるべく物を探したくない!という方には良いかもしれません。

割と安いですし、ものは試しということで、使ってみると面白いですよ。

 

 

このキーファインダーが思ったより役に立ったので、別の探し物タグも試してみました。

ここ最近ちょっと流行っていますQlio Smart Tagです。

 

 

これはBluetoothを利用した探し物タグです。

iPhoneとかのスマホと接続して使うもので、Qlio Smart Tagが付いた物を失くした時に、iPhone等の専用アプリから探すことができるのです。

 

そして、逆にiPhoneを失くした時は、Qlio Smart Tagに付いているボタンを押すとiPhoneから音が鳴るのです。

ですので、家の鍵にQlio Smart Tagを付けておくと便利ですね。

鍵とiPhoneを相互に探すことができるのです。

 

便利ですよ!

 

でも、究極は探し物を全くしないこと!

とはいえ、一番良いのは探し物自体をしないこと。

 

失くしさえしなければ、探さないですよね。

 

そこで、比較的探し物の少ないぼくが実践している方法としては「定位置制」があります。

 

定位置制とは、物の置き場を全て決めておくことです。

 

鍵は絶対このトレーの上に置く・・とか、テレビのリモコンは必ず同じ場所に戻す・・、カバンは家から帰ったら絶対同じ場所に置く・・などです。

 

僕は性格上、昔から意識せずに定位置制をする性格でした。

ですので、物をなかなか失くしません。

(その代り、普段と違う場所にうっかり置いて失くしてしまうと、探すことにとてもストレスを感じます・・)

 

定位置制が探し物を無くす一番の方法だと現時点では思っています。

だって、物の置き場所が決まってれば失くしようがないじゃないですか。

 

世界のトヨタも定位置制を採用している

トヨタ

 

それに定位置制が優れているという証拠に、トヨタなどの世界的な企業の工場でも定位置制は当たり前のように採用されています。

トヨタの工場などは全ての物の置き場所を決めて、定位置制にしています。

これは本当に理にかなった方法なのです。

 

探し物をなくしたかったら定位置制を導入しましょう

でも、定位置制って言ったって面倒だし・・。

そんないつも同じ場所に置くだなんてわかっているけどできないよ・・。

といったこともあると思います。

 

もちろん、いきなり全ての物の置き場所を決めるなんて非現実的です。

ですので、まずは何個かの物で試してみて効果を感じてみるといいと思います。

 

例えば、テレビのリモコンの置き場所を作るといいですよ。

これとか ↓

 

ティッシュペーパーケースに収納場所がついたものなので、ここに置いた物は絶対失くしません。

このリモコンラックに置くものをあらかじめ決めておけばいいのです。

 

 

あとはトレーなどを置いておき、そこに置くものを決めておくのも効果があります。

 

 

注意としては、こういうトレーに何でも物を放り込まないことです。

トレーの上がごちゃごちゃしていたら、意味がありません。

トレーの上に置くものは決めておいて、それしか置かないようにします。

例えば、家の鍵はこのトレーに置く・・と。

 

こんな感じで、少しずつ定位置制を導入していけば、探し物をすることはどんどん減っていきますよ!

 

ぜひ試してみてください!

本当に劇的に探し物が減りますよ!

 

縛りなしWiFi
こちらの記事もおすすめ!