Anker

【Anker Soundcore Liberty Neo】超音が良い!安いのに!【レビュー】

Anker Soundcore Liberty Neo

未だかつてここまでコスパの良いワイヤレスイヤホンを見たことない!

 

Anker Soundcore Liberty Neo

これには本当に感動しました!

ぼくは、この安い価格帯でここまで良い音のワイヤレスイヤホンは聴いたことなかったです。

すごい製品を出してきましたね!Anker!

 

 

コスパ最高のワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Liberty Neo

今、巷で大流行のワイヤレスイヤホン。

その中でもAppleのAirPodsが人気ですが、流石にちょっと高い・・。

 

そんな時に低価格帯のワイヤレスイヤホンが懐に優しくて良いですよね。

でも、安物買いの銭失いでも嫌だ・・。

 

し・か・し!

この「Anker Soundcore Liberty Neo」は安いのに超良いワイヤレスイヤホンでした!

 

ほんと最初に音楽を試しに聴いた時はビックリしましたよ。

クリアな高音と豊かな低音と迫力のある中音域が心地良く融合しているのです。

 

もちろん個人的にはAirPodsの方が音質は上だと思いますが、値段が倍以上もしますから当たり前っちゃぁ当たり前です。

その点、「Anker Soundcore Liberty Neo」は超コスパの良いワイヤレスイヤホンなのです。

 

しかもIPX5クラスの防水です!

 

手軽に良い音質のワイヤレスイヤホンが欲しかったら、これは超オススメですね!

 

>>Anker Soundcore Liberty Neoを見てみる。

 

 

箱を開けてみる

Anker Soundcore Liberty Neo

Anker製品はいつもオシャレな箱に入っています。

早速開けてみましょう。

 

所有欲を満たしてくれるパッケージ

Anker Soundcore Liberty Neo

キラキラしたカプセル状のケースが高級感溢れる感じで鎮座しています。

いやぁ、この価格帯でこの高級感は本当に素晴らしいですね。

 

大満足です。

 

付属品

Anker Soundcore Liberty Neo

細々と色々付属しています。

 

  • ワイヤレスイヤホン本体
  • ケース
  • 充電ケーブル
  • 替えのイヤーチップ (XS / S / M / L)
  • イヤーウィング (XS / S / M / L)
  • 説明書類

 

Anker SoundCore Liberty Neo

替えのイヤーチップとイヤーウィングが4種類ずつ入っているので、耳にフィットするものを選ぶことができます。

使っているうちに何か違和感があったら替えてみるとかでもいいかもしれません。

 

イヤーチップとイヤーウィング

Anker Soundcore Liberty Neo

この2つのパーツのおかげで耳にジャストフィットします。

歩いていても頭を動かしても全然外れる気配もありません。

安心感がすごいですね。

 

そして、このイヤーチップのおかげで外からの音はかなりシャットアウトしてくれます。

耳栓のようになっているので「Anker Soundcore Liberty Neo」の音に集中できます。

 

グラフェン採用ドライバーで高音質

Anker Soundcore Liberty Neo

グラフェン採用のドライバーを使用していてとても高音質なワイヤレスイヤホンとなっています。

 

グラフェン (graphene) とは、1原子の厚さのsp2結合炭素原子のシート状物質。 炭素原子とその結合からできた蜂の巣のような六角形格子構造をとっている。 名称の由来はグラファイト (Graphite) から。 グラファイト自体もグラフェンシートが多数積み重なってできている。

Source | Wikipedia

 

Anker Soundcore Liberty Neo

このグラフェン素材を採用したドライバのおかげなのかわかりませんが、本当に音質が良いのにはビックリしましたね。

 

まぁ、高級イヤホンの超良い音とかとは雲泥の差ですが、この手軽に手に入れられる値段でここまでの音を再現していれば文句はないのではないでしょうか。

そして、ワイヤレスイヤホンという形状なので、外で通勤・通学中に使用することも多いと思いますので、外で使う分には問題ない音のレベルだと思います。

 

電池も持ちますよ

Anker Soundcore Liberty Neo

このイヤホンケースにはバッテリーが内蔵されています。

イヤホン本体のみでは最大3.5時間音楽を聴けますが、このケースに入れて充電することで最大12時間も音楽を聴くことができます。

充分ですね。

 

Bluetooth 5.0対応のAAC/SBCコーデック対応

Anker Soundcore Liberty Neo

無線通信方式はBluetooth 5.0です。

プツプツ切れにくい安定した通信を確保してくれます。

 

対応コーデックもAAC/SBCでAAC対応なので良い音質で音楽を聴くことができます。

 

充電方法

Anker Soundcore Liberty Neo

充電の仕方ですが、ケースの後ろに「POWER」と書かれたカバーがあるので外します。

するとマイクロUSBケーブルを挿すコネクタが現れるので、付属の充電ケーブルを使って充電します。

 

Anker Soundcore Liberty Neo

約1.5時間で満充電になるみたいです。

 

最後に

Anker Soundcore Liberty Neo

いや、正直最初はなめてました。

この値段ならそれなりの音しか鳴らないでしょ・・って。

 

それがビックリ!

充分良い音じゃないですか!

 

この手軽に扱えるワイヤレスイヤホンの形状で、耳のフィット感もイヤーチップとイヤーウィングのおかげで抜群ですし、不満はほぼないですよ。

ワイヤレスイヤホンもとうとうこんなレベルにまで到達したのですね。

 

安いのに良い音!と。

 

Anker Soundcore Liberty Neo」は本当にコスパ最高なワイヤレスイヤホンです!

 

>>Anker Soundcore Liberty Neoを見てみる。

 

 

 

縛りなしWiFi
こちらの記事もおすすめ!