【直った!】日立ドラム式洗濯機「ビッグドラム」でC02エラー

家で毎日元気に働いている日立(HITACHI)のビッグドラムスリム「BD-S7500」ですが、ある日突然エラーで止まるようになってしまいました。

今回は「C02」エラーで止まってしまう症状を直した話をしたいと思います。

※洗濯機を自力で直した内容の記事ですが、素人の荒技なので、もし同じ方法をやる場合は、自己責任でお願いします。

読みたい場所へ移動

日立ビッグドラムがC02エラーで止まる

止まる前兆はあったんですよ・・。

乾燥をしていたのですが、洗濯物がまだ半分濡れているような状態で出てきました。

そして、その次に洗濯を始めたら「C02」エラーが出て動かない!?

調べてみると、日立のサイトには以下のような記載がありました。

洗濯・脱水槽および排水ホース内に残水があり、排水ができないときに「C02」を表示します。

Source | HITACHI

どうやら、排水ができないようです。

むむむ・・。

前回C02エラーで止まった時は排水口の詰まり

実は今回止まる前にも一度同じくC02エラーが起きたことがありました。

その時は洗濯槽クリーナーを使って槽洗浄をしました。

一気に汚れが落ちて、一安心・・と思ったら、その汚れのせいでなんと!排水口が詰まってしまいました

>>>【Amazonプライム会員必見!】買い物する時にいつでも0.5%のポイントをもらえる裏技とは?

 

その時はなんとか排水口を掃除して直しました。

そして、また同じことが起きないように、洗濯機と排水口の間に「糸くずボックス」を付けました。

糸くずボックス」を付けると、洗濯機から出た糸くず等のゴミが排水口まで行かずに、全てここで受け止めてくれます。

とっても安心です。

これを付けてからは3年間以上排水口詰まりは起きていません!

取り付けた感じはこんな感じです。

槽洗浄をするとかなりの量のゴミが排水口に流れてしまいます。

排水口は詰まると大変です・・。

糸くずボックスを付けておくと排水口が詰まることがなくなり本当に楽ですよ!

糸くずボックスは4種類あります。

どの洗濯機にはどの糸くずボックスを付ければいいか解説した記事はこちら!

>>【糸くずボックス】どれを付ければいい!?機種対応表【HITACHI(日立)】

あわせて読みたい
【糸くずボックス】どれを付ければいい!?機種対応表【HITACHI(日立)】
【糸くずボックス】どれを付ければいい!?機種対応表【HITACHI(日立)】「糸くずボックス」って知っていますか? 洗濯機、ドラム型洗濯乾燥機で困ることのベスト3に入る「排水口の詰まり」。この排水口の詰まりを根本から解決してくれる...

>>>【Amazonプライム会員必見!】買い物する時にいつでも0.5%のポイントをもらえる裏技とは?

再度C02エラーで日立ビッグドラムが止まる

そして今回、またC02エラーで止まってしまいました。

排水口が詰まった前回は、症状として「排水口から水が溢れ出てきました」が、今回は水は溢れてきませんでした。

そして、糸くずボックスを開けて確認してみると、ここまで水が来ていませんでした。

ということは、排水しようにも、糸くずボックスより手前で詰まっているようです。

お湯で詰まりを洗い流してしまおう

お風呂のお湯の温度を50℃に設定して、タライにお湯をため洗濯槽に入れました。

ある程度50℃のお湯を溜めてから、洗濯機の電源を入れて、脱水をしました。

すると、ゴボゴボゴボと流れ始めて一気に詰まっていたものが流れ出ました

しっかりと糸くずボックス内に詰まっていたものが出て来ていました。

(下の画像は汚いゴミはボカしてあります。)

直ったーー!と思っていたら・・

これで排水できるようになったので、洗濯機完全復活!と思って、洗濯物を入れて動かしてみたら・・

今度はC01エラーが・・

給水されないときに、「C01」を表示してお知らせしています。

Source | HITACHI

今度は給水できない!?

でも、洗濯機の中を覗くとしっかりと水は出ていました。

症状を確認していたら、どうやら水を入れても排水口から流れ出てしまっていました。

日立ビッグドラムの排水弁が壊れた

本来なら給水をしている時は排水弁が閉じていて、水を洗濯槽に溜めるはずです。

ですが、排水弁がうまく閉まらないようで、水がそのまま排水口に流れ出てしまっていました。

うーむ、お湯で流したゴミが排水弁の中で引っかかったか??

じゃぁ、その排水弁の中のゴミを取っちゃえばいいと。

でも排水弁を開けるのは怖い・・。

サンポールを排水ホースに流し込んでみた

じゃぁ、詰まったゴミを溶かしてしまえ!と、サンポールを排水ホースに流し込んでみました。

サンポールなら、酸性なので糸くず関係のゴミは溶かしてしまうのではないかと・・。

>>>【Amazonプライム会員必見!】買い物する時にいつでも0.5%のポイントをもらえる裏技とは?

 

入れた場所はココ。

糸くずフィルターが付いているとこです。

糸くずフィルターを外して、その穴の中にサンポールを流し込んでいきます。

入る分だけでいいです。

そのまま1時間放っておきました。

放っておいた後、排水弁を手で開けたりしながらサンポールを排出します。

さらに、糸くずフィルターの穴からペットボトルで水を入れて、残ったサンポールを流し出しました。

最後に、洗濯槽にタライで水を入れて、洗濯機の電源を入れて排水を行いました。

日立ビッグドラムの排水弁詰まりが直った

その後、恐る恐る空のまま洗濯機を回してみました。

すると、ちゃんと給水も排水もできて問題なく動きました!!

やったーーー!!!

いやいや、ほんと洗濯機が壊れて動かないと気分も落ち込むし、修理代がどれだけかかるのかと不安にもなりました。

でも、今回はお湯と150円位のサンポール1本で直ってしまいました!

ほんと嬉しかったなぁ。

次も詰まったら、またこの方法で直したいと思います。

ですが、これはほんとに自己責任でお願いします!

これと同じ方法でやって直らなくても、逆に壊れても責任は負いかねます。

自己責任で。

いやー、よかったよかった。

>>>【Amazonプライム会員必見!】買い物する時にいつでも0.5%のポイントをもらえる裏技とは?

>>>【Amazonプライム会員必見!】買い物する時にいつでも0.5%のポイントをもらえる裏技とは?

>>>【Amazonプライム会員必見!】買い物する時にいつでも0.5%のポイントをもらえる裏技とは?

読みたい場所へ移動
閉じる