Kindle Paperwhiteを快適に片手持ちするアイテムはこれ!

電子書籍を読むための機器として大人気のKindle Paperwhite。

画面が液晶ではなく電子ペーパーなのがとても気に入っています。

スマホの画面は綺麗で見やすい液晶や有機ELが良いです。

ですが、本をのんびり読みたい時に液晶画面は、何か圧迫感があって適しません。

その点電子ペーパーの画面は、本当に紙を見ているかのような、くつろぎを感じます。

しかもKindle Paperwhiteはその中に本を何十冊も何百冊も入れられるので、読みたい本がいつでも読めて、今や手放すことのできない愛機となっています。

今回はそんなKindle Paperwhiteを快適に使うための小技的なグッズを紹介します。

読みたい場所へ移動

Kindle Paperwhiteは本、漫画好きならマストアイテム

Kindle Paperwhiteは通勤中のマストアイテムになっています。

小説やビジネス書などの書籍も漫画も、スマホの通知やゲームの誘惑に惑わされることなく集中して読めるデバイスです。

電子ペーパーの画面は、本当に紙に書かれた文字を読んでいるかのように錯覚してしまうほど素晴らしい出来です。

それなのに画面をタップするだけでページをめくれるのでとても便利です。

本を読むのが好きな人、漫画を読むのが好きな人にとって、Kindle Paperwhiteは通勤・通学、家でののんびりタイムでのマストアイテムです。

>>Kindle Paperwhiteの詳細レビュー記事を見てみる。

あわせて読みたい
Kindle Paperwhite(第10世代)レビュー【新旧比較】
Kindle Paperwhite(第10世代)レビュー【新旧比較】今や一定の認知度を得ました「電子書籍」本も漫画もスマホで読む時代です。僕はiPhone大好きスマートフォン大好きで、スマホでできることはスマホでやりたい!というタ...

>>>【Amazonプライム会員必見!】買い物する時にいつでも0.5%のポイントをもらえる裏技とは?

Kindle Paperwhiteの欠点は?

そんな素晴らしいKindle Paperwhiteですが、僕の感じる一番の欠点があります。

「持っていると手が疲れる」ことです。

Kindle Paperwhiteは重さが182gとスマホに比べては軽量なデバイスです。

しかし、ずっと電子書籍を読んでいると、結構手が疲れてくるんですよね。

というのも、両手でKindle Paperwhiteを持っていればよいですが、電車の中やくつろぎながら本を読んでいる時は片手持ちで気軽に読みたいですよね。

片手持ちで掴むようにKindle Paperwhiteを持っていると割と手が疲れてくるんですよ。

これが、Kindle Paperwhite唯一の欠点だと思います。

Kindle Paperwhiteに持ち手を追加

僕はKindle Paperwhiteを7年間使っています。

その中でKindle Paperwhiteを快適に使うために「持ち手」を付けています。

初めは右側のような「TOTTE」という直接Kindle Paperwhiteの背面に貼って使える持ち手を使っていました。

でも、ちょっと指に当たる部分が長時間使ってると痛くなってくるんですよね。

そこで現在はこの「MOMOSTICK」を使っています。

MOMOSTICKだと面で指に当たるので、長時間使っても指が痛くなりません。

MOMOSTICKは値段も安いですし、Kindle Paperwhiteに持ち手を付けるなら最適なグッズです。

>>>【Amazonプライム会員必見!】買い物する時にいつでも0.5%のポイントをもらえる裏技とは?

バンカーリングよりも使いやすいのはこれ!

スマホの片手持ちなどでよく使われるものにバンカーリングがあります。

バンカーリングはパッと取り出してすぐ指にはめられる、手軽さが魅力です。

ですが、Kindle Paperwhiteは頻繁に出したりしまったりするものではありません。

穏やかに取り出して、ゆっくりと本や漫画を楽しむデバイスです。

バンカーリングをつけるほどはありません。

MOMOSTICKでしたら、たためばとてもスリムになりますし、手に当たる感触が柔らかく優しいので、本を読む邪魔になりません。

この快適さは一度味わうと辞められなくなります。

MOMOSTICKの持ち手は付け外し自由

MOMOSTICKの素晴らしいところは付け外しが自由なところです。

まぁ、一度貼ったらそんなに頻繁に付け外ししないと思います。

ただ、Kindle Paperwhiteを片手持ちした時にしっくりくるベストポジションを探すのに、数回貼り直すことができるのは良いですね。

ちなみに僕はこのように、Amazonロゴの下の中央に貼るとベストポジションでした。

僕はKindle Paperwhiteは裸持ちが好きなので、機体の背面に直接MOMOSTICKを貼っています。

使っているうちに突然落下することも今のところありませんし、いざ外す時もキレイに剥がせます。

裸持ち派には最高の片手持ちアイテムです。

Kindle Paperwhiteの片手持ちアイテム まとめ

Kindle Paperwhiteを片手持ちするために必要なアイテム「MOMOSTICK」を紹介しました。

今や僕にとってはKindle Paperwhiteとセットの存在。

Kindle Paperwhiteを快適に片手持ちするための必需品となっています。

MOMOSTICKは値段も安いですし、貼り付けも簡単、貼り直しも簡単、とても素晴らしいアイテムです。

もし、Kindle Paperwhiteを快適に片手持ちして使いたい時には必需品ですよ!

>>Kindle Paperwhiteを片手持ちにするMOMOSTICKを見てみる。

>>>【Amazonプライム会員必見!】買い物する時にいつでも0.5%のポイントをもらえる裏技とは?

 

読みたい場所へ移動
閉じる